2006年11月11日

天保異聞妖奇士説六

説六「竜気奔る」

七次を殺したゆきあつ、罪から逃れたい一心で異界の扉を開く、すると漢神「雲」が現れ七次に吸い込まれ、新たに雲七が現れる。ってことは雲七はゆきあつがつくったことになるのか?辛い過去は忘れるのか。

アトルはゆきあつに「雲七を倒し、お前も死ね、それがおまえの罰だ!」と言い放つ。続きを読む
posted by ゲロロ艦長 at 20:57| Comment(2) | TrackBack(23) | 天保異聞 妖奇士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。