2006年08月07日

ホンダF1勝利

昨夜(日本時間)行われたF1第13戦ハンガリーGPはジェンソン・バトン(英)が初勝利!
ホンダがエンジンサプライヤーとしては14年ぶり、オールホンダとしては39年ぶりとなる勝利をあげました。
実は、F1中継みるのは今年は初めてだったんですが、バトンはついていましたねえ。
雨のせいかマシンの挙動がおかしいフェラーリ(シューマッハ)後方からスタートながら途中でTOPにたったルノー(アロンソ)路面ウェットでクラッシュ続発、終盤雨も上がり路面はドライ、1PITのシューマッハはブリジストンのレインタイヤ、
3PIT直後のデ・ラ・ロサ(メルセデス)はドライ用スリックタイヤ、のテールtoノーズのバトルはすごかった。
結局4周の間押さえたシューマッハは残り3周でリタイア、タイヤはぼろぼろ、よくこんなになるまではしれるもんだと、
ブリジストンの技術力とシューマッハのテクニックに驚愕する。
ルノーのアロンソはスリックタイヤに変えた直後単独スピン。アロンソ一位を逃す。
そんな中、淡々と走っていたバトンが40秒の差を付け初勝利。
[RA106]日本のナショナルカラーの薄い琥珀色のボディに真っ赤なマーキング。
「HONDA」以外には目立ったロゴもなく非常にシンプル。
スーパーアグリのSA05はモデル化されているし、じきにTAMIYAからキットが出るでしょう。
祝「HONDA」
posted by ゲロロ艦長 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。