2006年10月06日

学園アリス 第9話

学園アリス 第9話 大好き☆蛍様
蛍の研究室、せっせと掃除する蜜柑。ン?なんか変。そこに本物の蜜柑が。
蜜柑そっくりのロボット甘夏だ。(CVも同じ植田佳奈)クラスメートにお披露目するが蛍は迷惑そう、実は甘夏の性能は知能も運動能力も蜜柑と同じに作ってるらしい。(みごとなへっぽこシンクロ、笑)
呼び出しを受け蛍は応接室に。蛍の発明品を買いにきたらしい社長は絶賛。
「No.009薫るブタッパナー」嗅覚を増幅する装置だが相変わらずのデザイン・・・
社長さんは気に入ってるみたいだが。
そこに中等部の技術系アリスの先輩が同種の発明を認めてくれとやってくる。
社長の提案で蛍とのロボット勝負をする事になる。
蛍には負けられない事情があった。より完璧なロボットを作るため資金が必要だからだ。
蜜柑と甘夏は蛍に協力する事に(へっぽこが二人でどうする?不安)
スタミナドリンクを差し入れするがそれはスタミナ魔人が・・・失敗。
次に徹夜の蛍の目覚ましを止めて、身代わりになる事にするがまた失敗。(ふつう気付くやろ)勝負にこだわる蛍に蜜柑が逆ギレ。甘夏は蛍が蜜柑のような人を励まし温かい気持ちを持つロボットを作りたい事を蜜柑に伝える。そのためにお金が必要であると。
そんなとき蛍の研究室が上級生に爆破されてしまう。
代わりに甘夏が試合に出るが、上級生の反則で窮地に陥る。反則を見破り勝つ事ができたが、蜜柑をかばった甘夏が壊れてしまう。二人の気持ちに応える蛍。
その後甘夏は働きに出る事に(奉公かい!)

次回 第10話 うきうき☆セントラルタウン

蜜柑と甘夏、強力へっぽこタッグ炸裂でした。涙スプラッシュって?
でもロボットというよりほとんど人間ですね。

posted by ゲロロ艦長 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24970569
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。