2006年10月30日

貧乏姉妹物語#6

貧乏姉妹物語#6「寂しさと銀子とお姉さま」 
今回は金持ち姉妹銀子金子のお話。 

きょう、あす姉妹の隣に建ったマンションの最上階に住む銀子たち、実は皆勤賞目当てで学校の近くにわざわざ建てたらしい、節約が趣味だという割には金の使い方が一般ピーポーとは違う感覚の持ち主。

kinkoginko1.jpgクリックすると大きくなります
銀子が登校のため表に出るとあすたちも仲良く手をつないで学校に行くところ。 
学級委員の銀子は傲慢な性格のためクラスでは不人気、世話好きのあすは人気者、さらに商店街でもアイドル並みの人気者、銀子は一方的にライバル視する。 
あすたちを偵察するため超高性能望遠鏡を姉に頼む、姉の金子は特売バーゲンを探すためだと勝手に勘違い。 
山田家の夕食を盗撮、さらに盗聴まで(オイオイ)おかずはほうれん草と卵の炒め物、ほうれん草は銀子が特売で買い損ねたもの、楽しそうな食事にすこしうらやましそうな銀子。 
昼寝中のきょうを見て自分の姉は寝るときもきりりとしてると思うが、それもなんだかなと自爆。結局銀子が見たものはあすときょうの仲のよい姿だけ。 
夕食を一人で食べ、一人で風呂に入る、今までは一人でも平気だった銀子だが・・・ 
とうとう銀子はあすたちを自宅に強引に招く、仕事で疲れているきょうは居眠りをしてしまう。 
姉の世話をするあすをみて、銀子が「たいへんねえ」というが、あすは「姉のためなら大変でもなんでもない、本当に大変なのは姉だ」と、銀子も姉の金子の姿を思い出す。 
銀子はようやく自分が姉に甘えていたことに気づき、夜中に帰ってきた金子に「がんばりすぎないでください」とすがりつく。金子は「ありがとう」とこたえる。 
お互いを思いやる気持ちが一番大事なのだと。 
 
次回#「やきもちとチョコとバレンタインの日」 
 
あすときょうのほっこりパワーが銀子の頑なな心を変えたが、あすたちにとっては至極普通の生活。 
越後屋家が少々ずれていただけかもね。
posted by ゲロロ艦長 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26470462
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

貧乏姉妹物語 第6話「さびしさと銀子とお姉さまの日」
Excerpt: あす達姉妹の住むアパートの隣に建設中だったマンションが完成し、その最上階にあすとスーパーの特売セールの争奪を繰り広げた銀子達家族が引っ越して来た。あのマンションは銀子の姉が銀子の通う小学校に近いという..
Weblog: White wing
Tracked: 2006-10-31 20:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。