2006年11月18日

貧乏姉妹物語#9

#9「想いと不安と携帯電話の日」

商店街の福引で3等賞の携帯電話が当たったあす。きょうは携帯なんて遠い別世界の物で、これは夢なのだろうかと大はしゃぎ、とりあえず掛けてみるきょう。
kyou1.jpg

「もしも〜し」「はいは〜い」(私もやったことあるよ、笑)。もったいないから、大事に使おうね。って1週間も使わないなんて、銀子曰く、「これを貧乏性っていうのね」(そのまんまです笑)

ところが、意を決して電話するあす、きょうはたまたま電話に出られない状態だ。

銀子が試しに金子にかける(ビバルディの四季が着信)思いがけない長電話におろおろのあす。

不在着信に気づいたきょうが電話するが話し中。ようやくがったと思ったら今度は、電池切れ!

ちょっとばつが悪い銀子、互いに心配するあすときょう、しかも悪いほうに考えてしまう。

あすはパニック状態(普段はしっかりしてるのにねえ)やっとめぐり合えた二人(おおげさ)

用事は「カレーか肉じゃがどっち?」

翌日商店街の福引所では越後屋姉妹の姿があった。

 

次回 最終回「風邪と約束とお母さんの日」

 

山田きょう   坂本真綾

山田あす    金田朋子

越後屋銀子   子桜エツ子

越後屋金子   進藤尚美

 

便利な携帯電話、いまや無くてはならないアイテムともいえます、互いの言葉を伝えることはできるのだろう、しかしこの姉妹のように思いまでは携帯では伝わらないのかも。思いはやっぱり相手の顔が見えたほうが伝わるもんですから。

お姉さま、携帯くらい買ってください(銀子)

posted by ゲロロ艦長 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

貧乏姉妹物語 第9話「想いと不安と携帯電話の日」
Excerpt: 姉のきょうは新聞配達の担当地域が増えてお疲れの日々だが、妹のあすは商店街の福引きで携帯電話を当てた。 2人が至近距離で説明書を読みながら初めて携帯を使うシーンが、微笑ましかったですね。
Weblog: White wing
Tracked: 2006-11-23 18:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。