2006年11月22日

JWings第2弾

CafeReoから1/144世界の主力戦闘機第2弾が発売されました。
月刊JWings(イカロス出版)監修ということですが、写真と機体説明ってところでしょうか。
jwing01.jpg
1個525円(税込み)全10種類+シークレット2種類
1BOX10個入りを購入しましたがシークレットは出ませんでした、残念。
 
第1弾「冷戦時代の翼」では「A4スカイホーク」「A1スカイレーダー」「F4ファントムU」「Su37フランカー」「F14トムキャット」がセレクトされました。
今回の第2弾は「主力戦闘機」ということで、「F15Eストライクイーグル」「Su27フランカー」「F15Jイーグル」「F/A18Eスーパーホーネット」「ラファール」アメリカ製が多いのは仕方のないところでしょう。それでは1機種ずつ紹介しましょう。
 
jwing02.jpgjwing03.jpgjwing04.jpg
左)F15Eストライクイーグル:アメリカ空軍
中)Su27フランカー:ロシア空軍、中国空軍
右)F15Jイーグル:航空自衛隊
 
jwing05.jpgjwing06.jpg
左)F/A18Eスーパーホーネット:アメリカ海軍
右)ラファール:フランス海軍
 
jwing07.jpgjwing08.jpgjwing09.jpg
単純に大きさ比較をするとフランカーが一番大きくラファールが一番小さいです。
 
キットには増槽タンク、ミサイル、爆弾、デカールも部隊ごとのが付属。
降着装置やアンテナなどはかなり細いので注意しないと折れてしまいます。
筋彫りなども1/144としとも合格ラインですね、キャノピーもクリアーパーツです(肉厚ですが)
童友社のキットと比べるとパーツの接合部に若干甘さがありますが、それ以外についてはレベルが数段上のよいものです。
(接合部に若干甘さ:童友社はほぼ一体成型で接合部が少ないため)
 
F15E:米空軍だけというのは×、サウジ、イスラエル、韓国もスペックダウンの同型機使用してるのにね。
フランカー:ロシア空軍、中国空軍はうれしいチョイスですね。
F15J:302空のSPマーキングと306空はノーマル塗装機
F/A18E:VFA155のCAG機、VFA27、米海軍のロービジは味気ないです。
ラファール:フランス海軍、架空海軍塗装はエタンダール風です。
 
第3弾はどんな機体になるのかな?
練習機はFtoysがアクロ機でやってるし、爆撃機や対潜哨戒機は大きくなるし、米空軍のセンチュリーシリーズなんかいいかも。攻撃機なら米海軍のAナンバー、スカイウォリアー、イントルダーなんかいいですね。
CafeReoさんよろしく!
posted by ゲロロ艦長 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27998677
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。