2006年11月25日

貧乏姉妹物語最終回

最終回「風邪と約束とお母さんの日」

雨の日の新聞配達で風邪をひいたきょう、あすの看病のおかげで風邪は治ったが、今度はあすが倒れてしまい、救急車で病院にいくことになってしまう。しばらく入院する事になったあす、きょうは自分を責める。
kyouasu2.jpg

きょうはあすがまだ赤ちゃんのときに母親から「あすを守ってね」と頼まれていたのだ、一人アパートに戻ったきょうは、家事がうまくできず、いままであすに頼りっきりであったことに気づく。

翌朝病室にいくと、大家さんがここは任せて学校に行きなさいと、学校にいてもあすのことが気にかかる、放課後病室にいくと、あすの見舞いに銀子やお隣さん、商店街の人などがたくさん来ているのをみて、なぜかそのままかえってしまう。途中にタンポポの花の咲くのを見て母親のことを思い出し、笑顔を見せてなかったことに気づく。

夜の病院、あすの病室の窓に明かりが、気づいたあすが外を見ると、きょうのメッセージが

「はやくよくなってね!あす」

あすにとってはきょうの笑顔が一番のお薬。

退院したあすはきょうに昔母親から「おねいちゃんをまもってね」と頼まれた気がすると、覚えているはずはないのだが・・・

 

築40年風呂無し1Kのぼろアパートだが春になると・・・

・・・わたしたちはとってもしあわせです!      完

 

山田きょう   坂本真綾

山田あす    金田朋子

 

おかあさん   久川 綾

 

全10話で一応の完結なのだが、この姉妹には幸せになってもらいたいものだ。

原作ではこの後もエピソードは続きますが、その展開には「なんだかなあ」と思っています

姉妹は永遠に明るい貧乏のままで(笑)

我輩は明るい貧乏より、年末ジャンボ当てたいよ!

posted by ゲロロ艦長 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

貧乏姉妹物語 第10話「風邪と約束とお母さんの日」
Excerpt: 最終話です。 姉のきょうは風邪で熱をだして寝込む。妹のあすはお姉ちゃんの為に温かいあかゆを作ってフーフーしながら食べさせたり、氷を取り替えたり、汗で濡れた体を拭いてあげたり、体温を計ったりして献身的..
Weblog: White wing
Tracked: 2006-11-26 16:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。